自堕落だ部屋 - ToS

Tree of Saviorに多大な期待を寄せる調味料の情報追いかけブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SG展開までの歩き方

■記事の前に■
お知らせです。
実は同じFC2ブログのしゅん☆のRO日記さんの記事で「BOTNEWSさんも閉鎖したし云々」という一文がありまして、BOTNEWSさんがブログを書き始めたことをご存知ないようだと思い、おせっかいかな~と思いながらその旨を案内するコメントを書きました。たぶん3日くらいに。
しかしなぜか、その案内したアドレスが(おそらくコピペのミスで)私のこのブログになっていまして(汗
アクセス解析を見て気づいてびっくりしたんですが、そういうわけでコメントも修正させていただきました。
しゅん☆さんのブログから例のURLを踏んでここへいらっしゃった方、申し訳ありませんでしたorz
一応こちらでも。

BOTNEWS Light
http://blog.livedoor.jp/botnews/

■以下、記事■

はい、さきほどの臨時です。

お相手 98WIZさん 狩場は廃屋

Lv.98の(たぶん)I>D>VのWIZさん、今回初めて組む方です。
ドロップについてだけ軽く打ち合わせて廃屋へ~。
オーラロード同士、死ねませんねぇ。

0701055.jpg

今回の考察点はそれぞれの立ち位置、というかSG展開までの流れ。
よく組むギルメンのWIZさんは私のサフラを合図に、立ち位置引き気味で私が集められるだけ集めてSG。
しかしこの方、前へ出る出る。
WIZさんに行った廃兄貴のタゲを取り戻そうとして戻ると、すれ違うようにぐんぐん前へ。
自ら弓兄貴のところでSG詠唱開始。
うーむ、今までにない激しいタイプだ。

私が先行している場合は、私が停止した位置よりさらに奥に踏み込んでからのSG展開。
タゲがかなりWIZさんに集まるんですが、立ち位置+私も廃兄貴を抱えているわけなのでタゲ取りに行くわけにもいかず、かなり強引にSGを通すような感じでした。

やっている最中は私の動きが悪くてWIZさんにタゲ行っちゃってるのかなぁと思い、とりあえずSG展開待ちのとき、WIZさんが奥に踏み込むときに私とすれ違うような位置に立ち止まることで廃兄貴のタゲをこっちにもらうように動いてました。
SSは下から来て、私がSSの位置に立ち止まりWIZさんがすれ違って上へ、廃兄貴のタゲがうまく私に移っているところです。
が、SGの撃ち方としてはあまり誉められた配置ではないですね;
これはWIZさんだけでなく私のコース取りに大きく問題アリ。
もっと上手くいったところ載せたかったんですが、これしかSS撮ってなかったのでこれです^^;

しかしまぁ、終わってから考えると、無理にタゲを取り返そうとせずにそのままトレインしてもらい、SG展開前の奥に踏み込む動作でタゲ回収って方が簡単だったかもですね。
でも前を歩かれて廃兄貴が来たならいいんですが、アクラウスが来ると途端に歩きづらくなるんで、できればプリが先行したいところではあります。

あとはSGのタイミングや設置は上手だったので、後半はサフラ2を先がけして広場に突入、余裕があればサフラ3かけ直しでやってました。
次に組む機会があれば、トレインは両方で行い、私先行、SG前に停止した私とすれ違ってタゲを渡す、ってことでできればいいかなと思います。
すれ違ったときにサフラも投げやすいですしね。

それにしても、ラグりすぎだわ罠も見えてないわで、そっちの方がよっぽど強敵だったかもしれません;

効率は1時間半で2.8M、教範込みの時給が1.86M/hでした。


★記事がよければ1クリックお願いします♪★
b_03.gif
[ 2007/01/05 23:20 ] 廃プリの話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ミリじい

Author:ミリじい
Tree of Savior(ツリーオブセイバー,ToS)をプレイ予定の調味料。

Twitter:asami7716(みりん)

★リンクフリー★

コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。