自堕落だ部屋 - ToS

Tree of Saviorに多大な期待を寄せる調味料の情報追いかけブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プリから見たリンカー②スキル編

プリから見たリンカー第2回は、双方のスキルについてです。
簡単な解説と共に、リンカーペアにおいての使い勝手などなどを私なりに考察していきます。
なお、全てのスキルについてではなく実際にリンカーペアで使用したものについてを書きます。
つまり今までに組んだリンカーさんが使っていないスキルについては触れません。
最後に予想考察くらいはしようかしら。

SS交えようかな~と思ってたんですが、なんか、まぁ、いいですよね(めんどくさいだけとか言わない

【リンカースキル】
■エスマ
エスマーがエスマーたる為の必須スキル。
対mob専用撃つための先撃ちスキルが必要、というデメリットがありながら、テコンスキル【暖かい風】による7属性付与と最大でMAtk倍率1390%の高威力により、単体攻撃スキルとしては全職全スキル中トップクラスの性能を誇る。
ただし消費SPは先撃ちスキルと合わせて110(カイナなしの場合)と非常に高く、連発すれば簡単にSPが枯渇する。
一発のダメージが高いため、LAとの相性は抜群にいい。
ダメージの幅は比較的大きく、確殺狩りをするのは結構難しい。

支援からすると、LAの決めがいのある爽快スキル。

■エストン
エスマを撃つための先撃ちスキルその1。
エストン、あるいは後述のエスティンを使用することでエスマキャスティングタイムが3秒間発生する。
エストン自体の威力はほとんどなく、中型mobに使用したときのみ対象をスタンさせる効果を持つ。
このスタンは地味に有効であるが、PT狩りにおいては前衛に固定されたタゲがリンカーに流れかねない(というかしょっちゅう流れる)ので注意が必要。
小型、大型に対してはダメージのみ。
基本的にはエスティンよりこちらが使用されることが多い。

なおエスマキャスティングタイムは魂系スキル(この解説では除外)、エスク(使用例を見たことがないので除外)を使っても発生する。

あまり近くで支援しているとエストンのスタン効果でmobがこちらにタゲ変更してくる場合がある。
リンカーが前に出ている場合は極力離れて支援を。

■エスティン
エスマを撃つための先撃ちスキルその2。
エスマキャスティングタイムを3秒間発生させる。
2セルのノックバック効果をもち、小型に対しては多少威力が上がる。
主に足の遅い敵を近寄らせずにエスマを撃ちたい場合か、支援や後衛に張り付いた敵のタゲを奪いたいときに使う。
使用頻度はあまり高くないが、某T嬢がおでんでのタゲ外しに2~3発撃ちこむことがあった。すんなりタゲが移っていた。

支援からはなんともいいがたいが、うまく使い分けてもらえるとありがたいといった程度。

■エスウ
対象を見た目小さくし、移動速度を減少させる。
小さくなるのはあくまで効果なので、エフェクトを切っていると元の大きさのまま。
組長リンカーは深淵とカリツの引き離しや生体2でガイルに対する時間稼ぎで使用していたが、いまいち使いどころは少ない模様。
半分くらいネタスキル。
とはいえ使いようによってはいい働きをしそうではある。
ただしエスマキャスティングタイムは発生しないので注意。

支援から……は何を言えと;

■カアヒ
リンカー防御スキルの代名詞。
通常攻撃をされると使用レベルに応じてHPが回復する。
最大Lv.7、消費SPは5の倍数、回復HPは200の倍数。
スキル攻撃では回復しない
また、通常攻撃を“した”という判定が出た時点でHPが回復するため、通常攻撃判定→HP回復→ダメージを受けるとなり、喰らったダメージがすぐに回復するわけではない。
逆にこのように判定されることで、攻撃を回避する、完全回避する、キリエやSWで攻撃を防ぐ、などしてもHPは回復する。

通常の狩りでは2~3程度で十分らしく、MVPBOSSなどを相手にするときは5くらいまではあったほうが良いようだ。
MVPBOSS狩りは記事の対象外なので組長リンカーのところへどうぞ。

支援からすると、このスキルのおかげでヒールをほぼ使わなくてよいためSPに非常に余裕が出来る。
戦闘中もヒール以外の行動が多く取れるため幅が出る(まぁLA一択な状況もよくあるけど……)。
カアヒのせいで、乱戦時にはリンカーが真っ先に放って置かれる。

■カイナ
最大SPを増やし、エスマ、エストン、エスティンの消費SPを減少させる。
リンカーはこれを取ることでほぼWIZと変わらないSPを手に入れることができる。
カイナによる消費SPの減少は最大-49%。
スキルレベルとベースレベルによって効果が上下する。

■カイゼル
戦闘不能になった瞬間に復活する先がけスキル。
使用後30分持続するので休憩の際にかけなおしておくとよい。
スキルレベルによって復活時のHP回復量が変わる。
死亡は死亡なのでデスペナはある
よって絶対絶命のときに発動してしまうと2度死ぬことになりかねないので、そのあたりは考える必要がある。

支援からすると、とりあえず保険があるのは安心できる。
またリンカーはSP回復剤さえあればソロでもその場をなんとか出来たりするため(ただし消費量は南無る)、どうしても全滅したくなければかけておいて損はない。

【プリスキル】
■サフラギウム
詠唱短縮。
低レベル時のエスマには多少の効果はあるが、エスマ自体の詠唱が元々短い、サフラしてたらディレイでLA撃てない、との理由から基本的に意味はない。

■レックスエーテルナ
通称LA、エスマーと組む上では最重要スキル。
タイミングが少々独特なので、高速詠唱になればなるほど慣れが必要。
確殺を意識して使用する必要あり。
中レベル時は特に、LAのあるなしでリンカーのSP事情が激変する。

ディレイが3秒と大きいため、ミスると痛い。
1回遅れると次もその次も遅れる、といった事態になりやすいので、1回入れ損なったら改めてタイミングを計りなおしたほうがいい。
リンカーの側も確実にLAが欲しければディレイ3秒を頭に入れてエスマの詠唱を開始する必要あり。
体感ではDEX60くらいでLAとエスマの連射周期が同じくらいになる。
ただし大抵のmobはLAが1~2発(つまりエスマ2~4発)くらいで沈むため、DEX80↑でも十分にLAは入る。

■キリエエレイソン
エスマーと組む上ではかなり重要になってくるスキル。
HPの減少を抑えることでカアヒ発動を減らし、エスマーのSPを守るのが目的。
また、リンカーのHPが減っている場合でもヒールするよりキリエした方が効率がいい(キリエで防いでいる間にカアヒで回復してくれるため)。
私としてはリンカーペアをしなくともキリエはレベル10一択(純支援型の場合)なんですが、結構低レベルで止めている人多し。
こまめにかけなおしを。

■セイフティウォール
通称SW、主におでんで使用。
青ジェムを消費するので収入がそれに見合う狩場での使用を推奨。
キリエとは違い相手のATKに依存しないため、基本的な防御性能は上。
ただし位置ズレするとどこに置いていいかわからなくなるのが難点(そしてそれは頻繁に起こる)。
高ASPDの敵には効果がないとたまに言われるが、そういう敵にこそ効果的。
連打がたやすいのはSWの大きな利点の一つ。
PCの位置よりもmobの位置をよく見て判断。
移動中に攻撃された、等で位置ズレした場合は、そのときの移動経路に注意すると本来の位置を見つけやすい。



とまぁ、エスマーと組む場合のスキルについてはこんな感じでした。

未検証なスキルとしては【カウプ】があげられます。
これはスキルレベル最大なら敵の攻撃を100%の確率で1度回避するスキルなのですが、これを連打することで最強の壁になれるかもしれません。
が、壁になるよりさっさとエスマした方が早いため、極端に魔法が効かない相手との戦闘など限られた環境でないと、そもそも試す価値がなさそうです。

そんなわけで、次回からはリンカーペア狩りについて書いてみようと思います。
そこらへんからようやく支援視点が多く書けるかな?
乞うご期待。

~ブログランキング参加中~
★ぜひぜひ1クリックで応援お願いします!
b_03.gif
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ミリじい

Author:ミリじい
Tree of Savior(ツリーオブセイバー,ToS)をプレイ予定の調味料。

Twitter:asami7716(みりん)

★リンクフリー★

コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。