自堕落だ部屋 - ToS

Tree of Saviorに多大な期待を寄せる調味料の情報追いかけブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リンカー考察の先駆

なぜか「エスマリンカー」でググると個人のブログでは一番上にここガ出てきたりします。

が、エスマリンカー考察の先駆者は個人的に二人いると思っています。


一人は言うまでもなく、我らが極道ギルドの初代組長極道リンカー。

新・極道リンカーのエスマ日記

極道さんがリンカーを作り始めた頃は私たちギルメンはみんなROを始めたばかりで(去年の今頃ですね、懐かしい)、知識も装備もない状態。
なのでリンカーで前衛張ることを前提にVIT先行で育てていたようです。
そもそも前に出るほうが好きな人だから。笑

極道リンカーのコンセプトは「パワー」って感じがします。
前を走ってカアヒで耐えてエスマで最速殲滅、被タゲだの即死攻撃だのを気にせずさっさとLA入れて倒せばよし、という分かりやすい形です。
これは一つの正解と言って差し支えなく、廃プリペアならほぼ全てのMVPボスを撃破可能(ソロでアスムスクロールを使えば倒せるということは、そういうこと)ということを証明しました。

「後衛にしては硬い」という意識が強かったと思われるエスマ型のリンカーにおいて、「前衛と遜色ない」というレベルにあることを知らしめたことは大きなことだと思ってます。


もう一人は、知る人ぞ知る至高の支援、岸屋さんです。

岸屋日記

彼もまたリンカー実装直後から考察を書き(当時の私は読んでいませんでしたが)、DEX極の後衛としてのエスマリンカーについて、多角的に考察を加えています。
両手杖の導入やタイリギ・ノピティギによる被タゲ回避、そしてうらやましくてしょうがない夫アルケミストとの連携。
こちらのコンセプトは「テクニック」といった印象です。

そして何より、私が素プリという立場であったものの、オーディン神殿02のリンカーによる攻略を始めたのがほぼ同時期。
なぜか勝手に通じるものを感じる私です、恐れ多いですが。
エストン、エスティンの使い分けとか、そういう細かいところも含めて。
極道さんがエスティン使ったの見た覚えほとんどないもんなぁ。笑


自分のスタイルは岸屋さんに近いけど、見てて気持ちいいのは極道さんだったりします。
まぁいずれにしても、リンカーに関わる皆さんは要チェックですので、今更ながらに改めて記事にさせていただきました。


あ、一つ前の記事にアホな報告があります。

お前も頑張れ! と応援のクリックをお願いしますm(_ _)m

PUSH!

ranking.gif
[ 2007/07/20 15:14 ] ソウルリンカーの話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ミリじい

Author:ミリじい
Tree of Savior(ツリーオブセイバー,ToS)をプレイ予定の調味料。

Twitter:asami7716(みりん)

★リンクフリー★

コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。