自堕落だ部屋 - ToS

Tree of Saviorに多大な期待を寄せる調味料の情報追いかけブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プリスキル一考①キリエのレベル

かねてより転生したら自分も書きたいと思っていたプリスキルについての私的考察第1回、テーマは素プリにおけるキリエのレベル。

廃プリになるとまたキリエの位置づけは多少変わってくるので、それについてはもっとレベルが上がってから改めて。
なお前提として純支援の素プリを想定してます。
Meとか殴りは専門外です、はい(- -

この記事は長くなりますので続きを使います。


■キリエの効果

キリエを使う目的はいくつか言われますが、主だったものを以下に。

・先がけによるSPの有効活用、戦闘中の自由時間を確保
・ヒールの回復量<キリエの耐久力 ならSP効率アップ
・ヒットストップの防止

戦闘前から積極的に使うことでSPの回転率を上げてより効果的な支援を行えます。
また、キリエの耐久力の分だけ戦闘中のヒール回数が減るので、その時間を他の支援のかけなおしやLAなどに費やすことができます。

キリエレベル10であれば、キリエの耐久力はMHPの30%です。
仮にMHP10000のVIT騎士にかけたとすると、3000ダメージまでを無効化する計算になります。
ヒール10の回復量が2000だとすれば、キリエ10の方が消費SPに対して得られるHPが多くなる計算です。

しかしここには罠がありまして、まずキリエによる防御には三減盾効果が乗りません。
三減盾を装備するVIT槍騎士などの場合、特に注意が必要な点です。
このことで、実際には

ヒールの回復量>キリエの耐久力

となる場合がほとんどです。
また、キリエには詠唱があるため、戦闘中に使用する場合は詠唱時間中に殴られるダメージ分も計算に入れなければなりません。
そう考えると、SP節約目的でキリエを使うことはまずありえない。

なのでアコプリテンプレにあるような

>高DEX型のプリがVIT型の前衛に、ヒールを連打するような状況ならばキリエ→ヒール*n→キリエ→キリエが有効な場合も。

こんな状況はいままで見たことがありません。
素直にヒール連打してください。
VIT型LKやパラディンに対しては計算上キリエの耐久力が上になることはありますが、詠唱時間とディレイでどう考えてもヒール連打の方が上です。

ヒットストップの防止は言うに及ばず。
SWと組み合わせる上でも大きな意味を持ちます。

■キリエのレベルはいくつがいいか

とりあえずアコプリテンプレからコメントを拝借してみます。

>取得する場合グロ前提のLv4、6、8、SP効率最高のLv9、耐久力最高のLv10辺りが目安。
>スキルポイントと相談で。

前提の4止め、これは場合によってはアリだと思います。
相方がクリアサ、村正騎士、鷹師ハンターなどの場合ですねー。
しかしキリエとしての効果は4だと正直かなり微妙。
特に後半のATK高めの狩場ではすぐに割れてかなりキツイです。
あくまで前提としての取得になるかと思います。
おでんで使ったら一瞬で割れました

レベル6、8はおそらく防御回数が変わるからだと思うんですけども、これは正直かなり微妙。
何がしたいのか良くわからない。
たしかに4より6がいいし、6より8がいいです。
が、しかし6取るなら8を取れ、8を取るなら10を取れという話になってくるのでイマイチ意義がわかりません。

SP効率最高の9、ですがキリエに求められるのはSP効率ではなくて効果の有効性であり、9で止める理由は見当たりません。
そもそも語られるべきはスキル単体のSP効率ではないわけで。

耐久力最高の10、最終的に求められるのはこのレベル。

■キリエの他スキルに対する優先度
仮に純支援として最低限取られるべきスキルを以下に定めます。

マグニフィカート5
イムポシティオマヌス3
サフラギウム3
アスペルシオ3
リカバリー
レックスディヴィーナ5
レックスエーテルナ

ここまででジョブレベルは22、あまりは28です。

候補は

キリエエレイソン ~10
サンクチュアリ ~10
セイフティウォール ~10
グロリア ~5
SPR向上 ~10
リザレクション ~4
ターンアンデッド ~10

繰り返しますがMeは未体験ゾーンなので半Meも考察対象から外します;

支援をする上では、戦闘前、戦闘中、戦闘後にそれぞれ何ができるか、ということを考えています。
まぁ当たり前な思考なのですが。

基本スキルで戦闘前にできることはマグニ、サフラ、イムポ、アスペの4種。
しかしサフラを除いた3種については持続時間があり、毎戦闘ごとにかける必要はないです。
サフラは詠唱がなくレベル2を常時先がけ、というか戦闘終了後にかけなおししておくことになります。
つまるところ、そこそこ暇なんですよね戦闘前。

候補スキルの中でこれに当てはまるのがキリエとグロ。
しかしグロは必要とされる場面がそもそも少なく、効果時間も短いために移動中or移動開始前にかけてしまうと戦闘中に切れる。
結局のところ素プリスキルの中でこのフェイズにするべきことはキリエの更新であり、(必要があれば)サフラのかけなおしということになるわけです。

戦闘中はどうかというと、これはその時々で様々、候補スキルも全て当てはまります。

キリエ 後衛がタゲられたときの一時的保護、ふっとばしに対するSG内への復帰、弓mobへの接近補助、事前かけなおし
サンク 激沸き時、対強敵時のバックサンク、対不死悪魔への対抗手段
SW 次回以降で触れる、素プリ最強の盾
グロ かけなおしor戦闘開始直前にかける
リザ 切らないならDEXで1、VITで4あると良いが個人差あり
TU ソロには使わない前提で考えると対カリツ、対デュラハンあたりが主要か

こうして見るとキリエの使いどころが多いことがわかります。
サンクとSWは合わせることで非常に使い勝手がよくなりますので、これをセットとして考えたいところです。
グロ・リザ・TUに関しては一考の余地あり、手放しで取れるスキルではありません。
サンクもGvやボス狩りでは非常に活躍しますが、一般の狩りに使用するのであれば「使っていく」ことが必要になります。

いずれの場合もキリエ10はまず確保されるべきであり、それから残りのスキルを充実させるのがベターかと思います。
Gv用にサンクがいるのであればキリエやSWよりもいっそリザを切った方がいいと思う、個人的には。
ただイグ葉は重いし使うの失敗したらなくなるため、間違ってもリザ1の代用と考えるべきではないです。まったくの別モノ。

■まとめてみると

キリエは10取りましょう、純支援型なら。
高VIT前衛、高AGI前衛、WIZ、弓、全ての場面で使えるキリエは素プリの中でも非常に重要な支援スキルです。


※ちなみにリンカーペアでのヒール-キリエ事情は少し異なります。それに関してはこちらを参照していただければ~@w@ノ


b_03.gif

~ブログランキング参加中~
★今回もやたら長く書いてしまった@w@;
誰か読んでくれてるんでしょうか……;
[ 2007/01/30 00:00 ] プリスキル一考 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ミリじい

Author:ミリじい
Tree of Savior(ツリーオブセイバー,ToS)をプレイ予定の調味料。

Twitter:asami7716(みりん)

★リンクフリー★

コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。